XMからの出金

XM(XMTrading)で利益を出したら出金しておくことで、着実に利益を確保することができます。
出金手数料はかからないので、こまめに引き出しておくことでせっかくの利益がなくなるリスクを抑えることができます。
出金するときの注意点と出金方法をよく読んでから出金しましょう。

XMから出金するときの4つの注意点

XMから出金するとき、注意点が4つあります。
好きなタイミングで出金ができない、手元に現金を受け取れない、ということになりますので事前に確認しておきましょう。

出金後の証拠金維持率が少なくなる

XMでは未決済ポジションがあっても、取引口座の出金リクエストを受け付けてくれます。
ただし、取引の安全を確保するため、出金後の証拠金維持率が少なくなると以下の制限が適用されます。
出金しても証拠金維持率が400%より多く確保できていれば問題ありません。

a) 証拠金維持率が150%以下に落ち込む場合
月曜日1:00から金曜日23:50 GMT+2(夏時間適用)は出金リクエストができません。

b) 証拠金維持率が400%以下に落ち込む場合
週末中(金曜日23:50から月曜日01:00 GMT+2(夏時間適用))は出金リクエストができません。

クレジットカードや電子ウォレットで入金した場合

全当事者を不正行為から守り、マネーロンダリングやテロリストへの資金供給の可能性を最小限に抑えるため、XMには出金優先手続きを行っています。
複数の方法で入金した場合、入金額と同等額を以下の優先順位で出金することです。
クレジットカード → 電子ウォレット → 銀行送金

つまり、クレジットカードで入金した場合は、入金額全額を出金(クレカへ払い戻し)したら、それ以上の利益は銀行で引き出せるということです(電子ウォレットを使用していない場合)。

クレジットカードが入金に便利だからと思って使ったのに、利益を現金として手元に引き出せないということになるので、事前に確認しておきましょう。

電子ウォレットで入金した場合も同様です。

出金に使用できない銀行

海外送金の受入れを行っていない下記の銀行への出金処理はできないので注意しましょう。
・ゆうちょ銀行
・じぶん銀行
・ジャパンネット銀行
・新生銀行
・みずほ銀行(インターネット支店のみ)

取引ボーナスの消失

取引口座からの資金出金はいつでも可能ですが、その際の出金資金の残高に対する割合と同一割合の取引ボーナス額が消失します。
100%入金ボーナスがある場合、10,000円出金すると10,000円分のボーナスがなくなることになります。
取引ボーナスがなくなると証拠金維持率が下がるので、特に10万円以下で入金して取引している方は出金後の証拠金維持率を計算しておきましょう。
1,000ドル(約10万円)の入金ボーナスを持っている場合、10万円を出金すると10万円のボーナスが消失するため、合計20万円が有効証拠金から減ることになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました