AXIORYの口座タイプを比較

AXIORYでは「スタンダード口座」と「ナノスプレッド口座」2つの口座タイプがあります。
ビギナーからプロトレーダーまで幅広く使われているのがスタンダード口座、
スキャルピングや指数トレードをするトレーダーはナノスプレッド口座を使っています。

アキシオリーの2つの口座の特徴についてまとめてみました。

アキシオリーの口座の特徴

2つの口座に共通した、アキシオリーの口座の特徴を表でまとめてみました。

最大レバレッジ※ 400倍
口座通貨 EUR,USD,JPY
ゼロカット保証 適用
両建て 可能
最低取引数量 0.01
最大注文ロット
(1ポジションにつき)
1,000
取引単位(FX) 1lot = 100,000
最大保有ポジション 制限なし
プラットフォーム MT4、cTrader
リアル口座開設 無料
デモ口座 無料

※口座残高(証拠金残高)により、レバレッジ制限が設けられています。

口座残高 レバレッジ
0~100,000ドル 最大400倍
100,001~200,000ドル 最大300倍
200,001ドル以上 最大200倍

(口座残高はUSドル相当額)

海外FX会社の中でもアキシオリーの特徴ともいえるのが、
・両建てが可能
・1ポジションあたりの最大注文ロットが大きい
・ポジション数が無制限

両建てについては特に禁止事項が設けられておりません。
同一口座でなくても、複数口座での両建ても可能です。
FX他社との両建てに関しては、他社との両建てが可能である会社とであれば可能です。

本格的にトレードをする方や専業トレーダーにとって、使いやすい口座ではないでしょうか。

口座タイプの比較

アキシオリーのスタンダート口座とナノスプレッド口座を比較したところ、違いは取引手数料と発注方式です。

スタンダード口座 ナノスプレッド口座
取引手数料(1取引あたり) 無料 3.00ドル/1ロット
発注方式 STP ECN

スタンダード口座の場合、取引手数料は無料ですが標準的なスプレッド値になります。

ナノスプレッド口座では、スプレッド値は低いですが、取引手数料が発生します。
オーダー成立時のみ、取引手数料は1取引・1ロット(100,000通貨)あたり3.00ドルとなります。

発注方式はスタンダード口座では、STP(Straight Through Processing)方式、ナノスプレッド口座では、ECN(Electronic Communications Network)方式を採用しております。

まとめ

アキシオリーではスタンダード口座とナノスプレッド口座の2つがあります。
適した用途がはっきり違うため、口座選びには迷わないと思います。
FX初心者であれば、スタンダード口座を選びましょう。

両建てが可能で、1ポジションあたりの最大注文ロットが1,000ロットなので、かなり大きい金額を動かすことができます。
法人や億トレーダーにも向いている海外FX会社ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました