AXIORYのスプレッド

AXIORY(アキシオリー)は変動制のスプレッドを採用しているので、リアルタイムに変動します。

業界最狭水準のスプレッドを提供しているという通り、スプレッドは小さいです。
公式サイトではリアルタイムのスプレッドを確認できます。

スタンダード口座とナノスプレッド口座でスプレッドと取引手数料は異なります。

スタンダード口座

スタンダード口座では取引手数料がかからないかわり、ナノスプレッド口座よりもスプレッドが大きいです。
スプレッドとは買値(ASK)と売値(BID)の差額で、トレード費用となります。

例えば米ドル円は1pips(ピップス)くらいですが、南アフリカランドとの為替だと数百pipsにもなります。
スプレッドが大きい通貨ペアのときはFX会社で比較した方がいい場合もありますが、スプレッドが小さい場合はあまり気にしなくていいと思います。

ナノスプレッド口座

ナノスプレッド口座はスプレッド水準を低くするかわり、取引手数料がかかります。
アキシオリーではECN(Electronic Communication Network、電子証券取引ネットワーク)方式を採用しており、1ロットにつき片道3.00ドル(往復6.00ドル)かかります。

手数料は片道表記ですが、実質は往復分かかるので、1ロット6ドルの計算です。
1ロット100,000通貨なので、100,000通貨の取引につき6ドルかかります。
取引手数料は、注文成約ごとに取引口座より差し引かれます。

まとめ

スキャルピングをする場合はトレード回数が多いので、スプレッドと取引手数料がかなり影響します。
通貨ペアでのスプレッドの相場を見て、取引量を判断するのも大切になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました