TitanFXの口座開設

Titan FX(タイタンFX)はスプレッドの狭さに定評があり、最大レバレッジ500倍のハイレバトレードができる海外FX会社です。

タイタンFXの口座開設はユーザー登録後、本人確認と住所確認が完了したら取引ができるようになります。

本人確認の書類提出は画像ファイルではなく動画撮影(動画ファイルでも可能)なので、すぐ動画撮影できるように手元に用意しておきましょう。

口座開設の手続きは10分くらいで完了します。
・本人確認書類
・住所確認書類もしくは画像ファイル
を用意しておくとスムーズです。

タイタンFXの口座開設の手順を解説します。

ユーザー登録

タイタンFXのトップページにある「リアル口座開設」をクリックします。

(トップページ画像)

まずはユーザー登録をします。

(ユーザー登録画像)

申込み口座:個人取引口座か法人取引口座のどちらかを選択
メールアドレス:登録するメールアドレスを入力
パスワード:半角英数字7文字以上で、大文字、 小文字、 数字を最低1つずつ含むもの

Titan FXからの重要なニュースイベントや相場状況などの情報を受け取る場合はチェックを入れます。

全て入力したら、「さあ始めましょう」をクリックします。

取引口座を選択

開設する取引口座を選択します。

(取引口座画像)

プラットフォーム:わからない場合はMT4を選択(MT5は上級トレーダー向け)
口座タイプ:通常のトレードであればスタンダードを選択(ブレードはスキャルピング向け)
レバレッジ:最大レバレッジである500:1がおすすめ
ベース通貨:特に希望なければJPY(日本円)を選択

「金融サービスガイド、金融商品開示文書、及び 取引規約 を確認の上、マージン商品の性質とリスクを理解し、同意します。」にチェックを入れます。

全て入力したら、「次へ」をクリックします。

お客様情報の入力

お客様情報を入力します。
パスポートや運転免許証等の身分証明書に記載されているお名前(ヘボン式ローマ字)を入力してください。

(画像)

名(ヘボン式ローマ字):半角英字で入力(例:Taro)
姓(ヘボン式ローマ字):半角英字で入力(例:Yamada)
生年月日:半角数字で入力(1975年1月15日の場合は、15/01/1975となります)
どちらで当社をお聞きになりましたか?:回答します(空欄でもかまいません)

現住所を入力します。
登録後に現住所の認証手続きが必要となります。
公共料金の請求書や銀行の利用明細に記載されている住所をご入力ください。

(住所の画像)

国:「Japan」をプルダウンから選択
電話番号:半角数字、ハイフンありで入力(例:090-1234-5678)
住所:市町村区以降を半角英数字で入力(例:1-2-3, Akasaka)
市町村区:半角英字で入力(例:Chiyoda-ku)
都道府県:半角英字で入力(例:Tokyo)
郵便番号:半角数字、ハイフンなしで入力(例:1112222)

住所の英語表記は君に届け!などで変換できますので、ご活用ください。

「口座を開設する」をクリックします。

登録したメールアドレスに、メールアドレス認証のメールが届きます。
受信メールを確認してください。

メールアドレス認証

メールアドレス認証を行います。
タイタンFXから届いたメール本文中にある「確認」ボタンをクリックし、メールアドレスの確認を完了してください。

(メール画像)

メールアドレスの確認が完了すると取引口座が開設されます。
口座ログイン情報が登録メールアドレスに送信されますので確認しましょう。
このログイン情報でMT4(もしくはMT5)にログインします。

(MT4ログイン メール画像)

続いて、下記のボタンよりクライアントキャビネット(マイページのこと)にログインし、
ご本人様登録の手続きを進めます。

(完了画面)

「クライアントキャビネット」をクリックし、登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

取引を始める前に、KYC(顧客確認)およびアンチマネーロンダリング(AML)規約により、本人特定事項およびご職業等の追加情報が必要となります。
下記の手順に従って、本人確認書類と現住所確認書類をご提出ください。

(画像)

「ご本人確認を開始する」をクリックします。

お客様情報

セキュリティ情報を設定します。
ログイン情報を紛失した際に、本人確認に使用しログインできるように、秘密の質問を選んで質問の答えを入力してください

(秘密の質問)

秘密の質問 :プルダウンから、ご希望の「秘密の質問」を選択
秘密の質問の答え :ご自身の答えを入力

雇用業種と雇用形態を選択してください。
KYC(顧客確認)およびアンチマネーロンダリング(AML)規約により、雇用業種と雇用形態を確認する必要があります。
確認が必要なだけで、回答によって口座開設ができなくなることや、取引に制限が生じるということはないです。

(雇用について)

雇用業種:プルダウンから選択(例: 建設業)
雇用形態 :プルダウンから選択(例: 正社員)

今後の投資計画について回答します。
この情報は今後の投資上限額の設定にかかわる場合があります。

(投資計画)

今後12ヶ月の間でのTitan FXへの投資額:プルダウンから選択
投資期間(その投資額を維持する期間):プルダウンから選択

入力したら「次へ」をクリックします。

身分証明書の確認

身分証明書の確認をします。
ご本人様確認のため、顔写真付き身分証明書を持ったセルフィー写真をご提出ください。
KYC/AML規約に基づき、ご本人様確認として、顔写真付き身分証明書のセルフィー写真を一点もしくは複数ご提出いただく必要があります。

提出する書類は下記の3つです。
そのうち1点を選んで提出します(有効期限内のもの)。
・パスポート
・運転免許証
・マイナンバーカード

提出書類を選んだら、「次へ」をクリックします。

運転免許証

運転免許証に記載されているものと同じ情報を入力してください。
名前は記載の通り、日本語で入力します。

(運転免許証)

発行国:日本
姓(苗字) :日本語で入力
名:日本語で入力
運転免許証番号 :半角数字で入力
有効期限:プルダウンから選択

パスポート

パスポートに記載されているものと同じ情報を入力してください。
名前は記載の通り、日本語で入力します。

(パスポート)

発行国:日本
姓(苗字) :日本語で入力
名:日本語で入力
旅券番号 :半角数字で入力
有効期限:プルダウンから選択

マイナンバーカード

マイナンバーカードに記載されているものと同じ情報を入力してください。
名前は記載の通り、日本語で入力します。

(マイナンバーカード)

発行国:日本
姓(苗字) :日本語で入力
名:日本語で入力
個人番号 :半角数字で入力
有効期限:プルダウンから選択

「次へ」をクリックすると、自動認証に進みます。

次の画面にて顔写真付き身分証明書を持って頂いた状態のセルフィーを撮影しますので、書類がお手元にあることをご確認ください。

セルフィ―撮影の注意事項を確認したら、「次へ」をクリックします。

(注意事項)

次のステップで、端末のカメラ設定についての確認画面が表示されましたら、「許可」のボタンをクリックしてください。

撮影画面になったら、お顔の横で書類を持って、お客様のお顔全体と書類全体が1つの画像の中に納まるように撮影してください。
また、書面上の情報とご自身の顔が鮮明に見えるよう、明るい場所で撮影してください。

ShuftiProでの撮影になるので、本人確認の同意にチェックを入れ、「はい、続行します」をクリックします。

(画像)

「確認を開始」をクリックします。

(画像)

○文書検証
検証用の証明のタイプを選択します。
・ウェブカメラでビデオを録画する
・このデバイスから動画をアップロード

画像ファイルではなく動画ファイルの提出になるので、「ビデオを録画する」の方がやりやすいです。

「ウェブカメラでビデオを録画する」を選択した場合
カメラを許可して、ビデオに本人確認書類全体が写る状態で「はい、続行します」をクリックします。

(免許証の画像)

これで本人確認書類のアップロードが完了しました。
続いて、顔認証を行います。

(画像)

「確認を開始」をクリックします。

○顔認証
先程と同様、検証用の証明のタイプを選択します。
顔全体がはっきり写り、本人のみであることを確認したら、「録音を開始」をクリックして撮影し、「録音を終了」で撮影完了します。
画像がよければ「はい、続行します」をクリックします。

(セルフィ―画像)

ウィンドウが切り替わるまで、画面を閉じずにお待ちください。

AIによる自動認証システムでの承認が数分で完了し、「検証成功」と表示されます。

(検証成功)

「進む」をクリックします。

画像検証ソフトのフィードバックは「スキップ」で構いません。
フィードバックもしくはスキップすると、身分証明書の自動認証が完了となります。

(自動認証が完了)

住所の確認に進む場合は「次へ」をクリックします。

住所の確認

住所の確認のため、現住所記載の6か月以内に発行された住所確認書類を1点アップロードして提出します。
住所確認書類は以下の書類の中から一点をお選びください。
・住民票
・電気/水道/ガスの請求書
・携帯/インターネット/クレジットカードの利用明細書

(アップロード前の画像)

【注意事項】
・6か月以内の発行であること、またその発行日が記載されている
・「本人名義 」「発行元」「書類名」「登録のご住所 」が記載されている
・書類全体が鮮明に写っている
・スクリーンショット不可

住所確認書類の画像ファイルをアップロードします。
(2枚目は任意なので、1枚のみで構いません)

(アップロードした画像)

アップロードしたら「次へ」をクリックします。
「住民確認書類のアップロード完了」の表示画面で「次へ」をクリックすると、住所確認書類の提出が完了となります。

(完了画面)

「次へ」をクリックすると、口座開設の必要書類の提出は完了となります。

必要提出書類の一部はマニュアルでの確認作業を行っているため、承認まで1営業日かかることがあります。
本人確認の承認が完了し次第、メールにて連絡があります。

まとめ

タイタンFXでは本人確認書類と住所確認書類を提出して承認されたら取引が開始できます。
本人確認書類は画像ではなくビデオ撮影であることがとまどいましたが、手元に必要書類を準備しておけばスムーズに口座開設ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました