TitanFXの出金方法

TitanFX(タイタンFX)ではアンチマネーロンダリング(AML)規約に従い、入金額までは入金に利用された方法、または口座への出金となります。
出金には優先順位があり、入金履歴がある決済方法のうち、優先順位が高い方法で出金します。
各決済方法での入金額まで出金(返金という形)したら、利益分を国内銀行送金で出金できます。

出金方法の優先順位は
1.クレジットカード、デビットカード
2.bitwallet(ビットウォレット)、STICPAY(スティックペイ)
3.国内銀行送金
です。

ポジションをお持ちの場合、出金が可能な金額は「余剰証拠金の90%以下の金額」で
す。

タイタンFXの出金方法

タイタンFXの出金方法について、各決済方法での出金手数料と着金日数をまとめました。
出金は通常1営業日以内に自動処理が行われ、出金先業者によって着金の反映時間が異なります。

日本国内銀行送金 無料 2~3営業日
クレジットカード 無料 ご利用のカード会社によって、1営業日から4週間程度着金までかかる場合があります
bitwallet 無料 即時
STICPAY 無料 即時
口座間資金移動 - 即時

NETELLERとSkrillは日本では使用できません。

国内銀行送金

国内銀行送金での出金最低額は10,000円、出金最高額は10,000,000円です。

クライアントキャビネットで「出金」を選択します。

(画像)

出金する取引口座を選択し、「国内銀行送金」を選択します。
出金額を入力(10,000円以上)します。

銀行情報を入力します。
・【みずほ銀行】【三菱UFJ銀行】【三井住友銀行】【りそな銀行】の場合
「銀行名」のプルダウンから銀行名を選択すると、金融コード(4ケタの半角数字)が自動で入力されます。
次に、支店名・支店番号(3ケタの半角数字)を入力します。

・【ゆうちょ銀行】の場合
「銀行名」のプルダウンから「ゆうちょ銀行」を選択すると金融コード(9900)が自動で入力されます。
「店名・口座の確認」 をクリックし、お持ちの記号・番号を振込用の店番・口座番号に変換します。
変換された支店名・支店番号(3ケタの半角数字)・銀行口座番号を入力してください。

・その他の銀行の場合
「銀行名」のプルダウンから「その他」を選択し「銀行名の入力」から銀行名を入力してください。
金融コード(4ケタの半角数字)・支店名・支店番号(3ケタの半角数字)を「金融コード検索」 から検索ページに移動し、お調べの上、入力してください。

出金額を入力します。
1回の出金最低額は10,000円、出金最高額は10,000,000円です。

出金ボタンをクリックします。
出金リクエストの確認メールが届くので、メール本文にある「確定」をクリックします。

これで国内銀行送金の出金手続きは完了です。
出金が完了したら、出金完了の通知メールが届きます。

クレジットカード・デビットカード

VISAとマスターカードが利用できます。
クレジットカード・デビットカードでの出金は入金にお使いになったカードへの出金のみとなり、入金額を上限として、他の出金手段より優先されます。

以前にカードで入金された履歴がある場合、そのカード入金累計額を先に同じカードへ返金する必要があるからです。
利益分についてはカード以外の出金方法が利用可能です。

デビットカードの場合、返金処理の仕組みはクレジットカードと同様ですが、即時に口座から引き落とされます。
返金の際は翌月のお支払い金額から相殺されず、そのままカードと連結される銀行口座へ返金されます。

カード出金はタイタンFXでの出金処理は1営業日ですが、カード会社での処理が1週間ほどかかります。
クレジットカードの場合は翌日のお支払金額との相殺という形で返金されるので、カードの締日と引き落とし日によっては、出金処理から出金(返金)まで2か月弱かかる場合もあります。

bitwallet

クライアントキャビネットの出金ページ上でbitwalletをご選択後、必要情報を入力します。

出金金額:金額制限なし
受取通貨単位:JPY・USD・EURの3単位
出金にかかる日数:出金処理後、即時反映

STICPAY

(出金方法の説明)

取引口座間での資金移動

同じ通貨、異なる通貨にかかわらず口座間での移動は可能です。
クライアントキャビネット 出金ページより、「口座間資金移動」の選択し、移動元(出金する口座)、移動先の口座を指定してください。
MT4/MT5で即時反映となります。
(MT4とMT5間の資金移動も可能)

(画像)

保有ポジションがある状態で、週末にリクエストされた場合は、一旦保留となり、月曜のマーケットが再開された後の処理となります。

まとめ

入金額までの出金は返金扱いとなること、返金の場合は出金方法に優先順位があることを認識しておきましょう。
利益分は国内銀行送金で受け取ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました