XMの口座凍結の原因と解除について解説

XMで口座凍結される原因

XMTradingでは口座が凍結されることがあります。
原因としては大きく2つあります。
1つは取引せずに放置していた、もう1つは規約違反です。

口座凍結にならないように原因を把握し、対処しておきましょう。
原因と取引再開について解説しています。

休眠口座から凍結口座になる条件

口座を利用せずに90日放置していたら、まずは休眠口座になります。
休眠口座になると毎月5ドルが差し引かれ、口座の残高がゼロになってから90日たつと口座が凍結します。

口座の利用というのは取引以外に、出金、入金、資金振替、追加の取引口座登録も対象です。
ポジションを持っている状態であれば、取引中なので休眠口座にはなりません。

休眠口座になると、その時点での全てのボーナス、プロモーションクレジット、XMPは自動的に消失します。
なので、証拠金(残高)だけが残ります。
そこから毎月5ドルが引かれて、残高がゼロになってから90日たつと、その口座は凍結ということになります。

残高が多くあればすぐに凍結されることはないですが、口座開設の3,000円ボーナスでトレードをしている方や、残高が減ってボーナスメインで取引している方は注意しましょう。

休眠口座の場合は取引など口座利用をすることで復活することができます。
凍結されると、その口座は復活できません。
休眠口座になるのも、それから凍結になるのも、期間は90日と覚えておきましょう。

規約違反をした場合

規約違反をした場合も口座が凍結されます。
故意に利益を生むような禁止行為をしなければ問題ありません。

該当することとしては、例えば、
・コミュニティや組織ぐるみで利益を生むようなトレードをする
・別々の口座や他社との口座で両建てをする
です。

気を付けたいのは、海外FXの特徴であるゼロカット(残高ゼロリセット)を悪用する方法です。
両建てが禁止されているのは、ゼロカットを使って不当に利益を生むことができるからです。
例えば、同一通貨をA口座で買い(ロング)、B口座で売り(ショート)をハイレバレッジ、大ロットで同量のポジションを取ったとします。
為替が大きく変動した時に、
A口座:5万円 B口座:5万円 →(20万円の変動)→A口座:25万円 B口座:0円
というように、追証がないことで利益が残る形になります。
このように、ゼロカットを悪用したトレードはXMだけではなく、ほとんどの海外FX業者では禁止しています。

なお、同一口座での両建ては禁止されていませんのでご安心ください。
両建てはルールを知らずにやってしまう可能性があるのでご注意ください。
(僕も初心者のときに、別々の口座で両建てをしそうになったことがあります)

両建てを一人ではなく、組織ぐるみでやることも規約違反になるのでご注意ください。
ルールの範囲内でトレードしていれば、凍結されることはありません。
稼ぎすぎたら凍結されるのでは?という心配もありますが、XMではないようですのでご安心ください。

凍結を解除する方法

口座が凍結したら、その口座は使えなくなります(解除できません)。
なので、新しくリアル口座を開設して取引を再開しましょう。

少しめんどくさいですが、口座開設を1度はしていて手順がわかっていれば、3分ほどで完了します。
こちらから口座開設ができます。
https://fxultla.com/14/

口座凍結された場合の確定申告は?

確定申告をする場合はMT4/MT5から年間取引報告書をダウンロードして添付しますが、
口座凍結されるとダウンロードできなくなります。

その場合はXMのサポートにライブチャットかメールで連絡して依頼すれば発行してもらえます。
support@xmtrading.com

まとめ

XMでは禁止行為をしない限り、いきなり口座が凍結されることはありません。
取引など何もしていないと休眠口座になり、毎月5ドルが差し引かれて残高がゼロになってから凍結となります。

凍結になるとその口座は使えなくなるので、とても面倒です。
ポジションを保有する、入金するなどのアクションをして、できるだけ休眠口座にもならないようにしましょう。

複数口座や他のFX業者との両建てをしなければ、普通にトレードをしておけば禁止行為には該当しないです。
凍結にビビらず、トレードを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました