暗号資産(仮想通貨)を海外FXで取引している理由について解説

2021年に価格が高騰してブームとなった仮想通貨(暗号資産)。
ブロックチェーンの将来性や仮想通貨への規制がどうなるか読めないところがありますが、個人的にはまだ伸びると思っています。

仮想通貨で稼ぐ方法は2つあり、それぞれのメリットとデメリットについてまとめました。
その上で海外FXで仮想通貨を取引している理由について解説します。

現物取引

1つは現物取引です。
暗号資産取引所や販売所で購入し、購入時よりも高くなったときに売ることで差益が得られます。
取引所は国内と海外があって、購入できるコインも増えているので稼ぐ方法は広がっています。

コインチェックやビットフィライヤーなど、CMをしているので、取引所に登録して売買をしている人も増えています。


現物取引のメリット
・購入できる暗号資産が多い(特に海外の取引所)
・長期保有に向いている
・価格変動でメンタルがぶれにくい

国内の取引所ではビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)の主要コインを中心に数種類から十数種類の暗号資産を売買することができます。
暗号資産はビットコインの値動きに合わせて変動する傾向があるので、どれでも同じように感じるかもしれません。
単なるデジタル貨幣としてではなく、プラットフォームとして様々なアプリケーションが搭載される暗号資産も増えているので、淘汰されていくと予想しています。
これから伸びそうな暗号資産をガチホするのも一つの方法ですし、楽しみでもあります。


現物取引のデメリット
・価格上昇でしか利益を出せない
・レバレッジがかからない
・取引記録をつける必要がある

現物取引では価格が下がったときに損益になるということです。
利確して損切りするか、再び上がるのを待って保有するか、が勝負の分かれ目です。

利益以外のデメリットとしては、確定申告のために取引記録をつける必要があるということです。
国内の取引所であれば取引記録をダウンロードできて便利ですが、複数の取引所を利用している場合は取引記録をまとめておく必要があります。
年間の損益が計算できるよう、取引記録はその都度残しておきましょう。

証拠金取引(FX,CFD)

もう1つは証拠金取引です。
暗号資産取引所ではFX、FX業者ではCFD(差金決済取引)として取引ができます。
現物を扱わない、というのが特徴なので、取引記録やウォレットの準備は不要です。
FXの感覚でトレードできるのが特徴です。


証拠金取引のメリット
・レバレッジをかける(2倍~100倍)ことで、大きく稼ぐことができる
・ロング(買い)だけではなく、ショート(売り)でも利益を得ることが可能
・暗号資産の保管の手間や管理のリスクがない
・海外の取引所や海外FX業者であればゼロカットでマイナス分がリセットされる

証拠金取引の特徴はレバレッジです。
国内の取引所は2~4倍ですが、海外の取引所では最大100倍のところもあります。
法改正、投資会社の動向、大型投資家の動向(テスラ砲など)で1日で20%の変動があることもあるので、レバレッジをかけると利益が爆発する可能性があります。
同様にマイナスのリスクがあり、変動の一発で資金が底をつく可能性もあります。
なので、ゼロカットがあるか、追証があるか、は確認しておきましょう。

現物ではショートは資金が減るだけですが、証拠金取引ではショートのポジションで利益にすることも可能です。
レバレッジが1倍や2倍だとしても、ショートでも稼げるというだけでもチャンスが広がるのでメリットです。


証拠金取引のデメリット
・急激な変動で大きくマイナスになる可能性がある
・国内の取引所ではゼロカットがない場合がある
・海外の取引所では日本語表記や日本へのサービスが不十分なところがある
・海外FX業者で仮想通貨の取引ができるところが少ない
・海外FX業者では土日に取引できない(FXと同じく)

証拠金取引を選ぶ方は稼ぎたい場合が多いと思うので、海外の暗号資産取引所か海外FX業者を選ぶのをおすすめします。
取引所とFX業者のどちらがいいか、ですが、海外FX業者の口座をすでに開設しているのであれば、今ある口座でMT4/MT5にて取引できるので便利です。
海外の暗号資産取引所では、日本人が使えなくなるリスクがあります。

暗号資産は急な変動があるので、土日は取引をしていない海外FX業者を利用していると、対応が後手になるデメリットはあります。
余裕のある資金管理やストップロスの設定は推奨します。

海外FX業者で仮想通貨の取引をしている理由

スプレッドの大小はありますが、スプレッドよりもゼロカットや安心して取引できることの方が大事です。
海外FX業者は日本語サービスやサポートが充実していて、資金の分別管理もしていたりと、安心できます。

仮想通貨のために新たに登録をしなくてもいい、というところは大きな理由でもあります。
FXと同じくMT4で取引できるので、気軽さもあります。

海外FX業者であればTitanFXなどで仮想通貨取引ができますので、ハイボラティリティでの取引をチャレンジしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました