海外FX初心者が知っておくべき始め方

会社員でも働きながら隙間時間でできる副業として人気のFX。
稼ぎやすい、借金の心配がないということで海外FXに取り組む人が増えています。

「海外FXって、そもそも何?」

という疑問について、始め方を初心者向けに解説します。
海外FXを選ぶ理由や選び方を理解して、実際に始めてみましょう。

海外FXとは

海外FXとは金融庁に届け出をしていない、海外のFX会社(業者、ブローカーとも)のことを指します。
金融庁に届け出をしているFX会社は国内FXと呼ばれています。

金融庁に届け出を出していないから違法、ということではないです。
金融ライセンスを所有しているか、は確認が必要です。

なぜ、国内にも多くのFX業者があるのに海外FX業者を選ぶか?
ですが、国内FXにはない特徴があるからです。

海外FXを選ぶ理由であり特徴は3つあります。
・ハイレバレッジ(レバレッジが高い)
・ゼロリセットがある(追証がない)
・ボーナスがもらえる(業者による)

レバレッジを高くすることで稼ぎやすくなるし、証拠金がマイナスになってもゼロにリセットしてくれるから借金の心配もない。
ということで、元手が少なく始められて、稼ぎやすいということで、国内FXからの乗り換えや海外FXでFXをスタートする人が多いです。
国内FXではレバレッジは最大25倍であるのに対し、海外FXは500倍や1000倍など国内FXよりも高いレバレッジを提供しています。

ちなみに、海外FXでは1ロットは10万通貨 最小ロットは0.01ロット(1000通貨)であることが多いです。
ハイレバレッジだと危険、と言われることがありますが、トレードは取引数(何通貨をトレードしているか)によるので、ロットの通貨数は確認しておきましょう。

海外FX初心者にとっての海外FXのメリット

海外FX初心者にとっての海外FXのメリットを紹介します。
国内FXにはない、トレーダーにうれしいメリットが多いので、メリットで海外FXを始める人もいます。

ハイレバレッジなので低資金でチャレンジできる

初心者にとっての一番のメリットは「低資金でチャレンジができる」ことです。

投資や投機はある程度まとまった元手や軍資金が必要ですが、レバレッジが高いことで、低資金で大きなお金をトレードすることができます。
ポジションをとるための必要証拠金が少なくて済むので、ポジション(ロット数)を多く持つことができます。

低資金でトレードすることができることで、FXで勝つために必要な「トレードの経験」をたくさん積むことができます。
スポーツやゲームと同じように、経験値が増えることで有利になります。
もし、ポジションを持つのに最低でも数千円がかかるとすると、気楽にポジションを保有できず、経験が積めないことになります。
成功や失敗、勝ち負けを繰り返して場数を踏める、というのが海外FX初心者にとって一番のメリットといえます。

クレジットカードで入金できる

入金方法が豊富なのも大きなメリットの一つです。
クレジットカードのショッピング枠で入金できるので、現金を使わずにトレードができます。
クレジットカードだと手続きから着金が早いので、すぐにトレードしたい場合や証拠金が残り少ないときに便利です。

Bitwallet(ビットウォレット)やSticpay(スティックペイ)などの電子決済も利用できます。
電子ウォレットとして使えるので、資金管理がしやすく、複数の海外FX業者を利用するときには入出金がすぐできて重宝します。

ボーナスがあるので安心したトレードができる

国内FXにはない、海外FXならではの特徴であるボーナス。
ボーナスは口座開設や入金時にもらえる場合があります(FX業者による)。

ボーナスは出金できませんが、ボーナスの分だけ有効証拠金が増えるので、余裕ができます。
例えば、5万円入金して1万円のボーナスをもらったとすると、有効証拠金は6万円になります。
含み損がマイナス5万円になったとしても、ボーナス分の1万円が有効証拠金として残ります。

初心者の場合はレバレッジのかけすぎ、ポジションの持ちすぎ、ロットの増やしすぎで思わぬ損失になることがあります。
急に数円動くこともあるので、ボーナスがあると保険になるので、ゼロになりにくくなります。

また、口座開設と同時にボーナスをもらった場合は入金せずにトレードすることができます。
利益分は現金で出金できるので、元手がない、もしくは少ない方でも稼ぐことが可能です。

ゼロリセットのおかげで借金の心配なし

国内FXでは証拠金がマイナスになった場合は追証がありますが、海外FXではマイナス分をリセットするゼロリセットを採用しているところがほとんどです。
証拠金がマイナスになっても、入金した分の証拠金がなくなるだけで、それ以上は請求されないので借金の心配はありません。

「最悪、なくなっても大丈夫な資金」でのトレードを心がければ、深手を追うことがないという点で精神的に楽にトレードができます。
(FXはメンタルがけっこう左右するので、安心できることはかなりのメリットです)

海外FX初心者にとっての海外FXのデメリット

海外FX初心者にとっての海外FXのデメリットはギャンブル的なトレードになってしまう傾向があることです。
スプレッドが広めなのとハイレバレッジはデメリットと言えます。
また、悪質な業者もいますので注意が必要です。

必要証拠金が少ないのでギャンブルトレードになってしまう

国内FXがレバレッジ制限により最大25倍に対し、海外FXは500倍や1000倍などのハイレバレッジが可能です。

レバレッジが高いということは、必要証拠金が少なくて済むので、ついついポジションやロットを多く持ってしまいます。
レバレッジ25倍だと1000通貨を持つための必要証拠金は40通貨分なので、ドル円だと40ドル(約4,400円)です。
一方、レバレッジ1000倍だと必要証拠金は1通貨分、つまり1ドルです。

「たったの1ドルで1000通貨動かせるの?」
と思って、ロットを増やして1万通貨や10万通貨のポジションを持つと、
1円動いただけで1万円や10万円が変動して、あっという間に証拠金が無くなる、ということになります。

必要証拠金が少なくて済むことから、ポジポジ病(ポジションをたくさん保有してしまう)にもかかりやすくなります。
元手や証拠金に合わせて、ポジションやロット数、損切りや利確のルールを決めておくことが大切です。

スプレッドが広めなので損失が重なってしまう

海外FX業者は国内FX業者に比べてスプレッドが広めです。
スプレッドは取引での手数料みたいなもので、ポジションを取るとスプレッドの分だけマイナススタートになります。
プラスに転じる前に損切りをすると、損失が積み重なってしまいます。

スプレッドが広いと、トレードの読みや損切りに慣れるまでは、すごく損している気持ちになりやすいです。
少額でトレードする分にはスプレッドの影響は少ないですが、ビビッて損切りすることにつながるので注意は必要です。

出金ができないなどの悪徳業者がいる

海外FX業者は数十社あり、レバレッジの高さ、スプレッドの狭さ、ボーナス額や種類など、様々な特色があります。
日本人トレーダーが多く利用していて日本語サポートや資金管理もしっかりしている業者もたくさんあります。

一方で出金ができない、などの悪徳業者もいます。
例えば、国内の企業で購入したEA(自動売買)ソフトを使用するために海外FX業者の口座を使ってトレードして利益を出金しようとしたが、出金に応じてもらえなかった、という事例もあります。
出金できないなどの被害に会わないように、初心者のころはマイナーな業者や評判がよくないは利用しないようにした方がいいです。

海外FX取引の始め方

海外FX取引の始め方は簡単です。
海外FX業者で口座開設して入金すればトレードができます。
基本的に本人確認書類の提出(本人確認と住所確認のため)があるので、口座開設して本人確認書類を提出してから翌日くらいから取引可能になります。

海外FXのトレードはMT4かMT5を使うのが便利です。
MT4とMT5はトレードのプラットフォームで、各社の口座にログインすれば、一括管理ができます。
パソコン版とスマホアプリ版があり、スマホだといつでも簡単にトレードができるので、スマホにダウンロードしておきましょう。

入金は銀行送金、クレジットカード、電子決済が利用できます。
銀行送金は着金が1営業日かかることもある(すぐに着金しない)、クレジットカードは最初に登録と認証が必要になるので、余裕持って入金しておきましょう。
電子決済はネット上の財布のように使えるので便利ですが、登録が必要なのと、電子ウォレットへの入金と電子ウォレットからFX口座への入金の2回、手数料が発生します。

入金方法は目的や用途に応じて使い分けができます。
最初は銀行送金かクレジットカードが使いやすいです。

海外FX業者の選び方

海外FX業者(ブローカー)は安心してお金を預けて入出金できるところを選びましょう。
金融ライセンスを所有しているか、資金を分別管理しているか、出金できないなどのトラブルがないか、を確認しておきます。

確認の仕方がわからない、めんどくさい場合は日本人トレーダーが多い業者や本サイトで紹介している業者を利用しましょう。
英語でのサポートの業者もあるので、英語が苦手な方は日本語のサポートがしっかりしているか、も選ぶポイントに入れておきましょう。

おすすめ海外FX業者

実際に使ってみてよかった、おすすめの海外FX業者を紹介します。
ボーナスがもらえて、日本語サポートが充実している業者が初心者にはオススメです。

XMTrading

日本人トレーダーが一番多いであろう海外FX業者がXMTradingです。
XMは日本語サポートが充実していて、サイトやメールも日本語なので使いやすいです。
口座開設ボーナスや入金ボーナスもあるので、初めての海外FXの方には非常に人気です。
レバレッジは最大888倍なので、ハイレバレッジ希望の方にも満足いただけます。

Gemforex

Gemforex(ゲムフォレックス)はレバレッジが最大1000倍が魅力です。
不定期開催のキャンペーンで口座開設ボーナスが20000円とかもらえるので、入金無しでも稼ぐことも可能です。
日本人スタッフがいるので、日本語サポートはもちろん、海外FXに関する情報も公開していて、海外FX初心者には始めやすいです。

海外FX初心者のトレードのコツ

海外FX初心者は少額の資金で稼げるということで、フルレバレッジでロットを増やしてポジションを取るようなギャンブル的なトレードをしてしまいがちです。
元手の割に大きく稼げる可能性があるのが海外FXの魅力ですが、大きい利益を狙いすぎて、損失が大きくなることもあります(コツコツドカン、というやつです)。

海外FX初心者のトレードのコツは、ロットを増やしすぎないことです。
損益の金額はレバレッジではなく、ポジションのロット数で決まります。

・資金に合わせて合計ロット数の上限を決めておく
・証拠金維持率を10,000%など高めに設定する
・資金の1%以内でのトレードにする(資金が10万円なら、1%である1,000円になったら利確か損切りをする)

というようにルールを決めて、勝つより負けないことを優先するようにしましょう。
大きく負けると、その負けを取り返そうとして、無茶なトレードをしてしまった結果、資金を失うことにつながります。
損失を小さくしておけば、リカバーもしやすいですし、利益も積み上がっていきます。

まとめ

海外FXは資格や通勤をすることなく、いつでもスマホ1つでできる、多くの人にチャンスのある副業です。
即金性が高いのも魅力ですが、資金がなくなる可能性もあります。
トレードの経験が積みやすいのが海外FXの魅力だと感じているので、「ひとまずやってみよう!」で始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました