MT4・MT5のインストールとログイン

XMTradingで取引をするために、MT4・MT5をインストールしてから、MT4・MT5にログインをします。
MT4とMT5は別々のプラットフォームですが操作方法は同じなので、MT4で手順を説明します。

パソコンでのインストールとログイン

パソコン(PC)の場合はまずMT4をダウンロードします。

インストール

ログイン後のホーム画面にある「プラットフォーム」をクリックするとプラットフォーム一覧が表示されます。

「PC対応MT4」(Macの場合は「Mac対応MT4」)をクリックします。

MT4の紹介とダウンロード画面になるので、「ダウンロード」をクリックします。

「xmtrading4setup」のファイルをダウンロードできたら、ダブルクリックしてインストールします。

使用許諾契約を読んで同意したら「次へ」をクリックします。


MT4のインストールが始まります。
インストールが完了したら「完了」をクリックします。


これでインストールは完了です。

MT4へのログイン

デスクトップに「XMTrading MT4」のショートカットが作成されるので、ダブルクリックして起動します。


初回の起動時にはサーバーウィンドウが表示されます。
サーバーを指定してログインをしていきます。

口座開設したサーバーをリストから選択して「次へ」をクリックします。


次にアカウントタイプを選択します。
「既存のアカウント」にチェックを入れ、ログイン名とパスワードを入力します。
起動時にパスワード入力を省略したい場合は「パスワードを保存」にチェックを入れます。

入力したら「完了」をクリックします。
これでMT4のインストールとログインは完了です。

ログインした状態での画面になり、取引ができるようになりました。

スマホでのインストールとログイン

スマホでのインストール方法はパソコンの場合と流れは同じです。

インストール

ログイン後のホーム画面の左上にあるメニューボタンをタップします。


メニュー内にある「プラットフォーム」をクリックするとプラットフォーム一覧が表示されます。

スマートフォンから「iPhone 対応MT4」もしくは「Android 対応MT4」をタップします。

MT4のダウンロード画面になるので、アプリのダウンロードボタンをタップします。

「MetaTrader 4」の「入手」をタップしてインストールします。

「インストール」をタップするとインストールします。
これでインストールは完了です。

インストールが完了したら「開く」をタップして起動します。

ログイン

MetaTrader4が起動したら、サーバーを指定してログインします。
画面下にある「設定」から「新規口座」をタップします。

「既存のアカウントにログイン」をタップします。

「会社名またはサーバー名を入力」に「自分の口座のサーバー名」もしくは「xm」と入力し、リストからサーバーを選択します。

ログイン名とパスワードを入力します。
起動時にパスワード入力を省略したい場合は「パスワードを保存」にチェックを入れます。

入力したら右上の「サインイン」をタップします。
これでMT4のインストールとログインは完了です。

設定画面の一番上に表示されているのが現在表示している口座です。

現在の口座をタップすると「口座」の画面になり、口座を切り替えることができます。


画面下のメニューから「気配値」「チャート」「トレード」に切り替えて取引をしていきます。

まとめ

これでMT4・MT5のインストールとログインは完了です。
すぐに取引ができるようにスマホにはインストールしてログインを済ませておくことを推奨します。
スマホの方がシンプルで操作がしやすいから、という理由もあります。

次は実際に入金して取引をしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました